S サプリメントあれこれ

Sunday, November 09, 2008

身長をのばすサプリメント

身長は、普通は成長期に伸びます。

骨の両端にある軟骨部に骨端線というのがあり、骨端線が膨張することで結果的に身長が伸びることになります。骨端線は男子で18歳頃、女子で16歳頃には閉じるようですが、中には20歳を過ぎても閉じない人もいるようです。


身長はまた、睡眠による脳からの成長ホルモンの分泌、運動による骨刺激、バランスのとれた食事を摂るといった要素が総合的に重なって伸びるものです。もちろん、普段の姿勢も大切です。
身長を伸ばすのは成長期が一番よいですが、最近では大人でも身長を伸ばすことが可能なサプリメントが開発されています。 残業なし 派遣にももってこいです。


身長を伸ばしたいと考えている人にとっては、サプリメントは手軽に利用できるのがよいところです。ただ、サプリメントの効果は個人差があるので、100%の方が身長が伸びるとは限りません。また場合によっては、かえって身長が伸びすぎてしまうということにもなりかねません。
身長サプリメントを使う前に、普段の生活を見直してみるのもお忘れなく。 縮毛矯正 シャンプーも普段の生活で使えますね。

Sunday, August 10, 2008

眼のためのサプリメント

サプリメントでいつもとっているのがブルーベリーのサプリメント。眼のためにとっています。
視力が弱いので、やっぱり気になりますね。

ただ、サプリメントだけじゃどうにもならないので、最近気になっているのが、視力回復手術。 
スポーツ選手が多く受けていますね。 ただ、レーシック 費用は気になるところ。 まだ、ちょっと高いですかね。 
ただ、安いとちょっと不安だし、悩むところです。
ちなみに南海キャンディーズの山ちゃんや乙葉さんが受けたのは、神戸クリニックです。生涯保障というのが魅力ですね。

仕事がら眼を使うことが多いので、やっぱりどうにかして視力はよくしておきたいです。仕事はネイリストなんですが、結構疲れるので、マルチビタミンなどをサプリメントもよくとります。ビタミンAは眼精疲労に効きますし、疲労感が抜けず体力不足を感じるならビタミンB、お肌の美白ならビタミンC・・など、ビタミンによって効果が変わってきます。

最近の転職したい業種のランキングというのでネイリストが上位だそうで、ネイリストになりたい人も増えています。
ネイリストになるには、ネイルスクール 通信ネイル 学校に通って、ネイルアートについて勉強しないといけないですね。

Sunday, January 21, 2007

ビタミン補うならサプリメント

ビタミン不足を感じたとき、最も手っ取り早いのはサプリメントを摂ることです。

サプリメントとは、食事で補いきれない栄養素を補充するための健康食品で、薬事法で規制される薬と違って、ビタミン以外の栄養素、例えばミネラルなども一緒に補給することができます。

ビタミン剤のサプリメントには、すべてのビタミンがバランスよく配合されているマルチビタミンタイプのものと、一定のビタミンを補給するものがあります。

ビタミンは、食事の偏りやライフスタイルの違いにより、人によって不足しがちなものが違ってきますので、生活習慣に合ったビタミン剤を飲むだけで体の調子がよくなった、という体験をした人は意外と多くいるものです。


自分に必要なビタミンをサプリメントで手軽に補給して、より健康な生活を送りたいものですね。

Saturday, October 07, 2006

サプリメントの種類について

●サプリメントの種類について

サプリメントの種類は非常に多く、その分類法も様々ですが、大きく分けると「日常的な栄養補給を目的とするサプリメント」と「目的に応じた成分を摂取するためのサプリメント」とに分けることができます。


「日常的な栄養補給を目的とするサプリメント」とは、ビタミンやミネラルなどのサプリメントなどを指します。 結構不足がちですよね。


偏った食習慣などにより、食事だけでは十分な量のビタミン・ミネラルなどを摂取できないときに、このサプリメントをとると、健康を維持する上で大きな効果を得られます。
現在では必須ですね。


「目的に応じた成分を摂取するためのサプリメント」とは、例えばスポーツ・サプリメントや、ブレイン・サプリメント、ダイエット・サプリメントのような、特定の目的のために必要な成分の補給を狙って配合されたサプリメントのことです。  
種類も豊富です。


例えば「マカ」のような、強壮効果のあるハーブ・サプリメントなども、これに属します。

Thursday, August 24, 2006

サプリメント情報

100万人が愛用するサプリメントはこれ!

Friday, August 11, 2006

サプリメントの歴史

サプリメントの歴史は1975年にさかのぼります。アメリカでは医療費の爆発的増大によって国家の財政が逼迫し、医療改革の必要性が叫ばれました。

それを受けて、1975年にアメリカ上院に栄養問題特別委員会という調査機関が設置され、莫大な費用を投じて調査・研究が行なわれたのです。

1977年、研究結果のレポートがまとめられましたが、そこでは、「様々な慢性病は、肉食中心の食生活によるもので、医薬品では治らない」「ビタミン、ミネラルの不足が目立つ」といったことなどが指摘されていました。  あの体を見ればわかりますね。

このレポートは当時のアメリカ国民に大変なショックを与え、同時にサプリメントに対する関心を高めるきっかけともなりました。

そして1994年、「栄養補助食品健康教育法(DSHEA法)」が成立したことにより、米国のサプリメントは世界に広く認知されることになったのです。  アメリカではものすごい数のサプリメントが売られています。 まさにサプリメント大国です。

DSHEA法では、サプリメントは医薬品と食品の中間にある“栄養補助食品”と法的に定義づけられています。

サプリメントの必要性

サプリメントは、なぜ必要なのでしょうか。
食事のバランスに気をつけていれば、サプリメントなど必要ない――と考える人もいるのではないでしょうか。
確かに、昔はそうだったかもしれません。
しかし現代では、サプリメントなしに必要な栄養素を完全に補うことが難しくなってきているといいます。

普段わたしたちが食べている野菜や果物は、化学肥料や農薬の大量使用によってやせ細った土地から収穫されたものであり、見た目は昔の野菜と変わらなくても、実際は栄養価の低い食べ物になってしまっています。

さらに、それを加工(加熱・冷凍)することによって、必要な栄養素がより一層失われてしまっているのです。 なかなか知られていないことです。

穀物も、昔は精製されていない小麦や玄米などが食されていましたが、現在一般に出回っているほとんどは精製されたもので、その精製の過程で栄養成分の多くはそぎ落とされてしまっています。

玄米や小麦粉の全粒粉などは、健康志向の人向けに、わずかに出回っているだけにすぎません。

このように、現代では食事から必要な栄養素をとるということが難しくなっており、それを補うためにサプリメントが必要であると言えるのです。
だけど、サプリメントだけとっていれば、それでOKっていうわけではありません。

Sunday, July 30, 2006

test

test